Loading...
人気の観光スポット

4000体もの仏像が鎮座するパークウー洞窟


パークウー洞窟

パークウー洞窟は、ルアンパバーンの中心地からメコン川を約30km北上した川沿いにある洞窟。川に面した下段と、山の中腹にある上段のふたつの洞窟があります。特に有名なのが下段の洞窟。内部には信仰心の篤い地元の人々によって運び込まれた、4000体を超える仏像が鎮座しています。  

人気の観光スポットのひとつ、パークウー洞窟へ行ってきました!

パークウー洞窟には無数の仏像が納められていますが、正式な寺院ではありません。ただし、お正月などの特別な行事の際に歴代の王たちがに参拝していた由緒ある場所で、現在でもルアンパバーンの人々にとって神聖な場所になっています。

毎年4月に開催されるラオス正月(ピーマイ・ラオ)のお祭りの時には、ルアンパバーン県知事をはじめ、ミスコンテストの優勝者、僧侶、政府高官たちが、パークウー洞窟を訪れて仏像へ水掛けの儀式を行っています。

 

8:30 洞窟に向けて出発

私は友人とリーズナブルなスローボートで貧乏旅を、 両親がラオスに遊びに来てくれた時はクルーズ船でプチ贅沢旅を楽しみました。 クルーズ船は現在3社?ほど運行していて、私が利用したNava Mekong(英語サイト)のパークウー洞窟クルーズは、一人20ドルでした。洞窟への入場料(20,000キープ)と、ランチ代込なので、かなり良心的な価格設定です。申込は前日まで。街にある旅行代理店で予約できます。

10:30 サンハイ村に立ち寄り

いずれの船も、途中でラオ焼酎と織物で有名な「サンハイ村」に立ち寄ってくれます。島内にはお土産屋さんがズラリ。製品は中心地のナイトマーケットよりも安いので、ついつい買ってしまいました。

12:00 パークウー洞窟に到着

いざ上陸。そそり立つ岩が、迫力たっぷりです。急な階段を上って、洞窟へ。パークウー洞窟は、川に面した下段と、山の中腹にある上段の2つの洞窟で構成されています。洞窟の中では、たくさんの仏像がメコン川を眺めるように、納められています。下段の洞窟内はそれほど大きくないので、写真撮影も含めて15分ほどで見て回れました。入口近くには休憩用のイスもあります。

山を登って、上段の洞窟へ。こちらは中は真っ暗。ライトがなければ何も見えません。下段同様に、洞窟内にはたくさんの仏像が納められています。