Loading...
人気の観光スポット

流れに身をまかせて・・メコン川スローボートの旅


「川」と共に暮らす、ルアンパバーンの人たち。

 

街の中心地は「メコン川」と「カーン川」に挟まれた細長い半島にあるので、ぶらりと歩けばすぐに川沿い。

メコン川_ルアンパバーン

 

メコン川でボートに揺られながら、悠久の時間に身をゆだねて、のんびりと過ごす・・

そんな贅沢なひと時が、ルアンパバーン暮らしの中で私の憩いの時間になっています。

 

街の喧騒から逃れて、360度パノラマ状に広がる大自然を前にすると、ルアンパバーンが「時間が止まった街」と言われる理由が分かるような気がします。

 

メコン川_ラオス_ルアンパバーン

 

 

目的地を決めず時間単位でボートに乗れるので、ルアンパバーンの街並みを外から眺めるのにもおススメです。

 

◆ボートの乗り方◆

川岸で待機している船頭さんに交渉。ほとんど人が英語が通じます。私は、30分間の乗船で半島の周辺をひと通り見ることができました!

 

※運賃は後払いですが、あとで交渉した金額との食い違いが起きないように、メモなどに合意した金額を乗船前に記載してもらっておくと、後々のトラブルを防ぐことができると思います。

 

ルアンパバーン_メコン川

 

 

 

ルアンパバーン_スローボート

 

見渡すかぎりの大自然。

 

ラオス_メコン川_ルアンパバーン

 

 

川岸では、昔ながらの暮らしを営む人々。

子どもたちは、ためらいなく川に飛び込んでいきます!

 

 

 

手で川の温度をチェック。

 

 

 

川の中はけっこう冷たい!

手ですくうと水の濁りはなく、意外と綺麗でした。

 

メコン川は、雨季には土を含んで赤茶色に。乾季は深い茶緑色になります。

 

 

夕日を眺めるための絶景スポット、「プーシーの丘」を外から。

プーシーの丘_ルアンパバーン

 

周りの景色に夢中になりすぎて、時間を忘れる私たち。

 

ふと時計に目をやると、30分をはるかに過ぎている。

それでもニコニコ運転してくれるおじさん、ありがとう!!

 

 

夕暮れ時に乗船すると、こんな素敵な景色に出会えます♪

 

メコン川_ルアンパバーン_夕日